美容皮膚科でのボトックス治療とケア

美容皮膚科でのボトックス治療 ケア

美容皮膚科ではボトックス注射を受けることができますが、治療後のケアとしては厳しい決まりはないです。注意をしたいのは針を刺した部分は、すぐには閉じないですから、不衛生な手で触らないようにすること、患部を擦ったり何度も触ることは控えます。

その日は夜の入浴はシャワーにして、浴槽に浸かるのは翌日からです。体温を急激に上げるような行動は慎むほうが良いので、注射をした後のスポーツなども控えます。

ボトックス治療後

美容皮膚科で注射をして、そのあとでエステでのマッサージを受けるのも、控えたほうが良い行動になります。素肌は清潔にしたほうが良いので、注射をした夜はシャワーで汚れを落とし、肌にはスキンケアで保湿を心がけることです。肌にほてりや熱を感じるときには、保冷剤を使用して肌を冷やします。内出血を起こすことがあるので、その場合は気になっても、患部には必要以上には触らないようにします。

注射をするときに軽くチクッとした針の痛みはありますが、それが終われば体には痛みは感じないので、肌に優しくすることを意識します。注射の針の穴は数日で消えていきますし、内出血も長くても2週間もすれば消えていきます。そのころにはボトックスの効果も出てきますので、期待の効果で肌を楽しむことができます。