透析のナースの特殊な仕事内容

↑ページの先頭へ
枠上

透析の看護師という業種は、つくづく激務だと感心して

透析の看護師という業種は、つくづく激務だと感心してしまいます。



夜勤も交代制でありますし、経営状態のよくない透析センターだと、少ない人数によって回すしかない状態です。激務の影響により、うつ病を発症する方も少なくなく、離職する割合も高いでしょう。
「白衣の天使」と称されますが、本当に天使でもなければ耐えられない激務です。透析の看護師が転職を考えると、ハローワークで検索したり、求人情報誌などを使って見つけようとするのがよくあることだと思います。しかし、よく考えてみるとこうした機関で人を募集する透析センターというのは少数派です。ハローワークとか求人情報誌などで、看護師を募集している透析センターは労働条件や職場環境がよくなくて求人数に対して、応募人数が少ない透析センターです。知人の看護師が、少し前に、違う透析センター透析センターを変えたと言っていました。

ラクそうな透析センターに見えたのに、どうして転職をしたの?とわけを聞くと、「暇すぎた。


仕事をバリバリこなしたい」というわけでした。
働きたくないと思っている人が多い世の中で、彼女のような人間もいるものなのですね。

どういった会社でも残業をすればちゃんと残業代が出るというのは当たり前のことです。でも、これが看護師の場合、その時々の状況次第では残業代が出ないことがありえます。特に転職をしてすぐで新しい医療現場にまだ慣れていない時は、残業申請を出しづらい雰囲気があるものです。



少しでも看護師の厳しい労働環境を改善させる意味でも、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、勤労条件についての要望を始めにリストアップするのがよいでしょう。


日中だけの勤務がよい、充分な休みが欲しい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、リクエストには個性があります。看護職員の価値は市場では高い状態なので、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。

少子高齢化が深刻化してきている日本で注目され続けているのが医療人員の不足です。社会的にも深刻な問題として話題にされることが急激に増加しています。


透析のナースに憧れて難関試験を受験し、せっかく国家資格を取得したのに、転職してしまう人が増え続けています。


その理由には、考えていたこととの差が大きく違うというのがあるのでしょう。

仕事を探そうと思うと、まず、考えつくのがハローワークになるでしょう。

確かに、ハローワークには看護師の求人も多くなっています。スタッフに求人相談したり、転職について助言をもらえる利点がある反面、よい条件の求人があまりないというマイナスのことも知っておきましょう。
修学旅行やツアーなどに随行して、ケガや病気の簡単な処置や透析センターの手配をする透析の看護師もいます。既婚で子供のいる人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を望んでいるものです。



病院ではないところで働くには、働こうとするところに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。



透析の看護師って医療職で手堅い仕事な印象ですが、けっこう大変な職の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。婦長クラスにまで昇りつめたら話は別ですが、多くの人は苦労に見合わない額です。賃金の低さに嫌気がさし辞める透析の看護師も少数派ではありません。

中には、退職金に懸念がある人ももしかしたら、多いかもしれません。看護婦の退職金は、国立、県立の病院なら支払い額が多いです。国立や県立の透析センターの次に多いのが、大学透析センターになるでしょう。小規模な透析センターの場合、退職慰労金も少ないです。どうしても、夜に仕事をする機会が多いため、ほとんどの人にとっていいとは言えませんが、大規模な透析センターの方が待遇が優れています。

枠下 枠上

看護師への求人というものはかなりの数あり

看護師への求人というものはかなりの数ありますが、希望通りの求人が必ずあるとは限りません。看護師資格を持っている方で就職さえできれば良いと考えている方は多くはないでしょう。



透析センター環境がよく給料も高く、夜勤がなくラクな職場で働きたいと考えている方が多いものです。

望み通りのところに転職するには、情報収集することが最重要になってきます。
一般に、看護師に就職するには、知識や技術だけにとどまらず、「この業界で仕事をするんだ」という強い意思が大事だと思います。
専門職ですから、一般職の女性などに比較すると収入はよく、働き口にも困ることはありません。でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけません。看護師の働き先といえば、透析センターと考えるのがオーソドックスでしょう。
でも、看護師の資格を持った方が役立てる透析センターは、透析センター以外にも多々あります。


保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも透析の看護師の職務です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為は透析の看護師が行うことが多いです。日本では、長寿化が加速し今となっては超高齢化社会となっています。この状況下で、需要が見込まれる職業が医師や看護師、介護士ではないでしょうか。
全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、簡単な仕事ではないです。

この3つの職種の従業者の育成を政府は、さらに真剣に考えてもいい頃だと思います。

看護師の転職時には履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。履歴書には、大切なポイントが存在します。


第一に、写真については、三ヶ月以内に撮影した直近の写真を使うようにします。

それと、住所や氏名などはきちんと正確にキレイにわかりやすく慎重に書くことが重要です。医者がしていたことを透析の看護師が行うようになって、職務内容が豊富になっています。


様々な業務に加え、相次ぐ患者の急変への対応に追われ、休みにくく、帰宅できないことも増加しているようです。結婚や出産をした人の立場からみれば、家事や育児に、仕事は負担がかかります。

より一層、離職者が増加してしまい、透析の看護師不足の問題は解消されません。

ここ最近は人手不足や若者が減ったことによる来院者が増えたことによる影響で、昔と比較して、透析の看護師1人当たりの負担が重くなっています。

忙しいのをなくすために、人手が不足している透析センターにそこまで忙しくない違う透析センターのナースを派遣してもらい、負担を解消したり、素早い患者への対応を念頭に置いているのです。



看護師の資格試験は、毎年1回為されています。


看護師数の確保がの困難が指摘されている今の日本に好都合なことに、このところの看護師試験の合格率は、90%近辺のとても高い水準を、動かずにいます。

透析の看護師の資格試験は、合格者数が決まっている試験ではなく、決められたレベルの得点をあげれば合格できるシステムです。透析の看護師は、寝返りをすることが困難な患者の体の向き、位置を変えることや、食事を一人でできない患者の介助、排泄の介助といった体力の要る仕事も非常に多いです。


しかも、その間であっても透析のナースコールが鳴れば、早急に対応しなければなりません。

それだけでなく、入院中の患者がちょっとでも楽しい入院生活が送れるように考えてあげることもまた看護師の仕事です。透析の看護師が上手く転職するためには、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。

それから、どんな点が大切なのかを決めておくことをお勧めします。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。
枠下 枠上

透析のナースが仕事を変えるキッカケとして

透析のナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、わざわざ株を下げることになります。
たとえ本音がそうだとしても真意は胸の内だけでよいので、建設的にキャリアを積もうとしているということを答えられるようにしておいてください。

看護士になりたい理由は本当にどんなことをきっかけにして透析の看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の場合、その理由は今までに身につけたスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。

前の透析センターの批判や陰口は口にしないことが大事です。病院ごとに透析の看護師の勤務時間が長くなったりします。

人件費を節約するために最小限の透析の看護師の数でシフトをまわしていることが多いでしょう。
こういった病院では透析の看護師が常に疲れているので、医療ミスに繋がるというデータがありますし、就職活動をするときは確認をするようにしましょう。



透析のナースがすることのできる医療に関連した行為は、これまで、特定の場合のみ、行われていました。けれども、医師が足りないという理由や即座に対処すべきことが行えるように患者の気管に点滴を行うなどの一部分の医療に関する行為を行えるようになるようです。許されるようになった行為は、研修をある期間受けて、完璧にこなせるようになってから自分の判断で行える事が大きな変化でしょう。看護師の業務は一般的にはハードな職業だと認識されています。
これは最近の透析センターにおける雇用体制の問題が原因で、慢性的に人手が足りない状況により働く時間が長引いてしまう傾向がみられるためです。
長い勤務時間に加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、慢性的に疲労とストレスを抱えている看護師が多く存在するでしょう。育児をするために転職しようとする透析の看護師もたくさんいます。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、出勤する日の少なくて済む透析センターで働いたりすることが選べると良いですね。

育児の間のみ透析の看護師をお休みするという人も多くいますが、育児にはお金が必要ですから、透析の看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけられるといいですね。看護師目線で言うと仕事も育児もこなすのは中々、厳しい問題です。

透析センターで仕事をしたいと感じていても、育児をこなしながら透析の看護師の職責を果たすには、様々な困難が出てきてしまいます。


仕事と育児の両方をこなすのは個人が抱える問題よいうよりやはり、医療全ての課題として取り組むことが必要でしょう。

看護師転職サイトの看護系のお仕事については、医療機関の求人の件数もとても多いのですが、それだけでなく一般には公開されていない求人の情報がいっぱいあり、登録していると思いもよらない好条件の転職先を紹介していただけるかもしれません。


担当コンサルタントによるきちんとしたフォローも長所としてあげられているそうで、可能な限り細かなご要望にも対応していただけるようです。
日本国内の透析の看護師の年収は平均して437万円ほどです。



しかし、国立、私立、県立などの公立透析センターで勤務する看護師は、公務員として勤務しているため、年収は平均約593万円になります。
公務員看護師は給与がよくなる率も民間透析センターと比べてみると高く、福利厚生もきちんとしています。
準看護師の待遇をみてみると、透析の看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。

透析の看護師専用の転職サイト、看護のお仕事は、求人情報に載っているお休み、福利厚生、年齢、業務を行っていない間などの条件が本当にみやすくなっていると口コミで評判です。
つまり、自分の希望している条件内容に合致している転職先を、ささっと見出すことができるということなんですね。
http://www.globizdev.com/
枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 透析のナースの特殊な仕事内容 All rights reserved.